{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:200902241518214623   整理番号:09A0170840

マイタケ廃菌床を利用したヤマブシタケ菌床栽培

Reutilization of cultural waste of Grifola frondosa for sawdust based cultivation of Hericium erinaceum
著者 (1件):
資料名:
巻: 16  号:ページ: 149-154  発行年: 2008年12月31日
JST資料番号: L6615A  ISSN: 1348-7388  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ヤマブシタケ菌床栽培におけるマイタケ廃菌床の培地基材としての利用性を検討した。ブナオガコあるいはナラオガコの代替材としてマイタケ廃菌床を用いたところ,代替率の増加に伴って子実体収量は増加した。100%代替したマイタケ廃菌床培地ではブナオガコあるいはナラオガコ培地に対して3-4割増加した。マイタケ廃菌床を培地基材に用いた場合の栄養材の適切な混合割合は40-50%となった。マイタケ廃菌床を15,25°Cで28-56日間,35°Cで14-28日間堆積処理することにより,子実体収量は新鮮なマイタケ廃菌床を用いた場合に比べて1-2割増加した。これらのことから,マイタケ廃菌床はヤマブシタケ菌床栽培の培地基材として有用であることが明らかになった。(著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
薬用植物 
引用文献 (26件):
  • 今関六也. ヤマブシタケ. 原色日本新菌類図鑑. 1989, II, 108-109
  • STAMETS, P. The Lion's Mane Mushroom. Growing Gourmet and Medical Mushrooms. 2000, 387-394
  • KAWAGISHI, H. Heterocyles. 2007, 72, 45-52
  • KAWAGISHI, H. Drugs of the Future. 2008, 33, 149-155
  • OHGA, S. Mokuzai Gakkaishi. 1993, 39, 1143-1148
もっと見る
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る