{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年06月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:200902253393922882   整理番号:08A0639821

BaTiO3-(Ni,Zn,Cu)Fe2O4のセラミック合成物の簡単なプロセス合成

Simple Process Synthesis of BaTiO3-(Ni,Zn,Cu)Fe2O4 Ceramic Composite
著者 (8件):
資料名:
巻: 77  号:ページ: 064801.1-064801.4  発行年: 2008年06月15日
JST資料番号: G0509A  ISSN: 0031-9015  CODEN: JUPSA  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
原料(BaCO3,CuO,α-Fe2O3,NiO,TiO2,およびZnO)の直接固体反応でセラミック化合物(2Ni0.41Zn0.41Cu0.18Fe2O4-BaTiO3)を調製することに成功した。これらのサンプルに対しX線回折(XRD)と電子プローブマイクロ分析(EPMA)測定を実施し,この化合物がスピネルフェライトとBaTiO3相から成ることを確認する。この複合体は非常に均質であるので,フェライトとBaTiO3粒は互に反応せず,1-5の範囲の半径を持つ。通常h-BaTiO3は1460°C超で合成できるが,六方晶BaTiO3(h-BaTiO3)は,1200°Cの焼結温度でこの複合体にすることができる。BaTiO3の固化温度低下はスピネルフェライトとの混合により起こり,それにより1200°Cの低温でh-BaTiO3が形成されると思われる。(翻訳著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
強誘電体,反強誘電体,強弾性  ,  酸化物結晶の磁性 
引用文献 (22件):

前のページに戻る