{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:200902262585661887   整理番号:09A0223033

コムギとオオムギのゲノムにおける種内多様性の解析は古代のハプロタイプのブレークポイントを同定し二倍体および六倍体Triticeaeの遺伝子プール類の構造に対する知見を提供してくれる

Analysis of Intraspecies Diversity in Wheat and Barley Genomes Identifies Breakpoints of Ancient Haplotypes and Provides Insight into the Structure of Diploid and Hexaploid Triticeae Gene Pools
著者 (13件):
資料名:
巻: 149  号:ページ: 258-270  発行年: 2009年01月
JST資料番号: C0606A  ISSN: 0032-0889  CODEN: PLPHA  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
Triticeae族は主要作物であるコムギやオオムギを含み,両植物種は約1,160万年前に分岐し,その後さらにいくつかの亜種に多様化した。これらのTriticeae族植物はゲノムが大きく反復が多いので配列情報は少なく,現代の品種間における分子的な差異については良く理解されていない。種内のゲノム多様性を調べるために,コムギ3品種と二倍体コムギAegilops tauschiiのLr34遺伝子座における大きなゲノム配列を比較し,さらにオオムギ3品種のVers1およびRym4遺伝子座の比較を行った。分子的年代測定の結果,コムギのDゲノムのハプロタイプはわずか数千年前に分岐したが,オオムギとAe.tauschiiのハプロタイプは50万年以上前に分岐したことがわかり,このことは栽培作物化後に野生オオムギ近縁種から遺伝子流動があったが,六倍体コムギのDゲノムには遺伝子流動はまれであるか無かったことを示唆した。一部の断片においてハプロタイプは極めて類似していたが,二つの品種において,Rym4およびLr34遺伝子座における配列の保存が,断片の保存と低保存を分けるブレークポイントであることを示した。このことについては,Triticeae族のゲノムが不均一で,ハプロタイプ断片の可変的モザイクであることを示す二つの古代ハプロタイプ類の組換ブレークポイントとして解釈した。解析の結果,ほとんどの挿入/欠失が転移性遺伝要素の挿入,非正統的組換あるいは不等な交差などに起因する大きな変異が比較的少なく,数塩基対程度の短いホモポリマーにおけるテンプレートのずれに起因する小さなものであることがわかった。
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
分子遺伝学一般  ,  麦 
タイトルに関連する用語 (13件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る