{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:200902270755967911   整理番号:08A0823551

中枢神経系ミエリンのパラノードループ膜に局在する膜貫通性シアリル糖蛋白質オパリン

Opalin, a Transmembrane Sialylglycoprotein Located in the Central Nervous System Myelin Paranodal Loop Membrane
著者 (14件):
資料名:
巻: 283  号: 30  ページ: 20830-20840  発行年: 2008年07月25日
JST資料番号: E0038A  ISSN: 0021-9258  CODEN: JBCHA3  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ミエリン鞘の最外側方部パラノードループにあるI型膜貫通蛋白質オパリンに関して,糖鎖付加と生体内局在・細胞内局在を解析した。マウスにおいて中枢神経系で多く,末梢神経系で少なかった。N末ドメイン(aa.no.1-30)内で,Asn6とAsn12にN-グリカン,Thr14にシアル酸含有のO-グリカンを結合しており,これらの部位が細胞表面での局在に重要であり,変異してグリカンを結合できなくすると局在が障害された。免疫染色によれば,オパリンはオリゴデンドログリアの細胞体と突起に存在し,有髄軸索でらせん状に存在し,パラノードループ領域の膜の特定部位に集積していた。したがって,オパリンは中枢神経系のパラノーダルループの膜間で機能していると推定された。
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
生物学的機能  ,  神経の基礎医学 
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る