{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:200902271350513251   整理番号:09A0655590

電子クリニカルパスウェイの標準的機能は何か?

What are the standard functions of electronic clinical pathways?
著者 (2件):
資料名:
巻: 78  号:ページ: 543-550  発行年: 2009年08月
JST資料番号: D0729A  ISSN: 1386-5056  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
目的:本研究は要求定義に関して電子医療記録に埋め込まれた電子クリニカルパスウェイ(eCP)の標準的機能を決定するために実行した。方法:病院スタッフとのインタビューから見出された要求機能,ペーパーベースクリニカルパスウェイ(CPs)の実施から導出された要求機能,およびペーパーベースから電子システムへのシフトによって生成された付加的機能,によってeCPの標準的機能を決定した。さらに,提案した機能と大病院用の電子医療記録に埋め込まれたeCPの機能を供給元5社とのインタビューを通して比較した。結果:17の機能がeCPに必要と見なされ,それらは6つのカテゴリー,すなわち表示,記録,順序付け,編集,変化,統計,に分類された。これらの機能の大部分はeCP製品に既に含まれているが,その実装は製品間で異なっている。結論;電子医療記録に埋め込まれるeCPのための17の標準的機能を提案した。患者チェックリストの編集,変化の発生のチェック,および統計のための機能は特に重要であり,標準的機能として実装されるべきである。この研究は,電子医療記録に埋め込まれるeCPの将来の開発の助けとなる。Copyright 2009 Elsevier B.V., Amsterdam. All rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
ドキュメンテーション  ,  医用情報処理 
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る