{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:200902271452305181   整理番号:09A0184836

ショットコーティング法による抗菌技術

著者 (4件):
資料名:
号:ページ: 66-69  発行年: 2008年12月
JST資料番号: S0317B  ISSN: 1347-9296  CODEN: ASGKAI  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
本研究では,ショットコーティング法により銀,銅などの抗菌粒子を建材表面に強固に均一凝着させる簡便で経済的な抗菌・抗カビ技術の開発に取り組んだ。その結果,1)ショットコーティング法による抗菌処理は常温・常圧下で行うことができ,処理時間についても二丁掛けタイル(227mm×60mm)につき5秒間の噴射で銀,銅粒子の均一固着状態を得られた。2)ショットコーティング面を定量分析した結果,銀濃度は3.7mass%,銅は2.2mass%であった。銀・銅の細菌・カビに対する最小発育阻止濃度(約0.1mass%)に比べてじゅうぶんな付着量であった。黄色ブドウ球菌を対象に抗菌力試験を行った結果,24時間後には,菌のほとんどを死滅させることができた。3)ショットコーティング法による抗菌処理技術は,基材の選定が陶磁器から金属製品まで幅広く適用可能であった。(著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
せっ器・陶器・土器の性質 
引用文献 (2件):
  • 西野, 冨岡, 冨田, 小林: 抗菌剤の科学, P70(1996)工業調査会
  • 大谷, 椿井, 檜山ほか: 多様化する無機系抗菌剤と高度利用技術, アイピーシー,(1997)
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る