{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年06月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:200902271561084870   整理番号:09A0733323

音響局在化における優先順位効果に対する視覚刺激の影響

Influence of visual stimulus on the precedence effect in sound localization
著者 (5件):
資料名:
巻: 30  号:ページ: 240-248 (J-STAGE)  発行年: 2009年
JST資料番号: Z0931A  ISSN: 1346-3969  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
音源に関する可視情報によって優先順位効果がどれほど影響されるかを調べた。実験では,ことば・小太鼓・ギターを音刺激に使い,発音や音と同時に録音した音楽演奏の運動画像を可視刺激として示した。こうして可視刺激が存在するときと存在しないときに,優先順位が働く場所の下限(局在化閾値合計SLT)と上限(エコー閾値ET)の差を観察した。その結果,次の結論が得られた。1)SLTに対する可視刺激の影響は音声・小太鼓では大きく,SLTが短くなる傾向があるが,ギターでは影響が少ない。2)耳の刺激とともに可視刺激が存在すると,ギターではETを大きく伸ばすが,音声と小太鼓では傾向が見られない。3)SLTは音響可視刺激の特性,特にその運動の影響が大きい。ETは可視刺激があると大きく変化するが,変化は均一で,注意の対象すなわち耳刺激・可視刺激または両方への依存性がある。(翻訳著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
音響一般 
引用文献 (20件):
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る