{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:200902271865229025   整理番号:08A0932990

キャップされたγ-シクロデキストリンと2-アントラセンカルボン酸塩とのpH制御された超分子エナンチオ識別光環状二量化

pH-Controlled Supramolecular Enantiodifferentiating Photocyclodimerization of 2-Anthracenecarboxylate with Capped γ-Cyclodextrins
著者 (6件):
資料名:
巻: 61  号:ページ: 565-568  発行年: 2008年
JST資料番号: A0492A  ISSN: 0004-9425  CODEN: AJCHA  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 短報  発行国: オーストラリア (AUS)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
p-クレゾールビスベンゾイミダゾールによりキャップされたγ-シクロデキストリンを合成して,アントラセン-2-カルボン酸塩のエナンチオ識別[4+4]光環状二量化のためのキラルなホスト分子として用いた。6A,6E-位をキャップしたγ-シクロデキストリンを用いて光環状二量化をpH11で行うと-5%eeのanti-頭-頭光二量体が得られるが,この反応をpH6で行うと同じ光二量体が+28%eeで得られることを見出し,生成物の不斉のスイッチングが起こっていることを示した。この現象をpHの違いによるキャップ基の立体配座の変化によるとして説明した。
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
反応に及ぼすその他の効果 
物質索引 (3件):
物質索引
文献のテーマを表す化学物質のキーワードです

前のページに戻る