{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:200902277654357904   整理番号:09A0132044

電磁力を利用した低融点金属内介在物分離に関する基礎的研究

Study on Separation of Inclusions in Low-melting Metal by Electromagnetic Force
著者 (4件):
資料名:
巻: 44  号:ページ: 32-37  発行年: 2009年01月25日
JST資料番号: S0846A  ISSN: 0389-2441  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
金属の製造工程において重要な技術のひとつに金属内介在物の除去が挙げられる。これまでに電磁力を用いた金属内介在物分離に関する研究が報告されている。著者らによって低融点金属をモデル金属として電磁アルキメデス力と絶縁介在物の運動の関係が明らかにされている。今回は,静止金属流体中に絶縁粒子を導入する方法で誘導分離の実験を行い,電磁力分離の可能性を検討した。まず,外部磁束密度10T,電流密度4.5E+4A/m2に発生する対流を見積もり,電磁力分離への影響を計算と実験から検討した。今回の実験条件では対流は電磁分離にほとんど影響しないことを確認した。電磁場下にある低融点金属流体中に鉛球を投入する方法で鉛球の誘導分離実験を行い,鉛球の誘導分離の可能性を示すことができた。これらから電磁力による溶融金属内介在物分離除去の可能性が示された。今後は溶融金属が流動する状態するの介在物分離を実験的ならびに解析的に検討していく予定である。
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
各種物理的手法 
引用文献 (30件):
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る