{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:200902278856222616   整理番号:09A0382868

準公共財ゲームとしてのCSR活動のモデル化と普及メカニズムの解析

Modeling of CSR activity as quasi-public goods and analysis of dissemination mechanism
著者 (3件):
資料名:
巻: 2009  号: 19(MPS-73)  ページ: 117-120  発行年: 2009年02月26日
JST資料番号: Z0031B  ISSN: 0919-6072  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
マルチエージェントシミュレーションを用いてCSR(企業の社会的責任)が普及する条件とメカニズムを解析し,CSRが普及するには消費者が自らを評価する際の基準として,企業のCSRへの投入割合の平均のようなグローバル情報を考慮に入れる必要があることを示す。CSR普及のメカニズムは,消費者のCSRを重視する選好の社会学習と企業のシェア追及の間のポジティブフィードバックである。また,CSRが普及しにくい社会状態においても,CSRを普及させる制度設計を議論する。(著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (4件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
人工知能  ,  経営工学一般  ,  市場調査,広告  ,  ゲーム理論 
引用文献 (7件):
  • 岡本大輔. 企業評価. 企業評価+企業倫理CSRへのアプローチ. 2006, 7-123
  • BAUMOL, W. J. Perfect Markets and Easy Virtue : Business Ethics and the Invisible Hand. 1991
  • FRIEDMAN, M. The social responsibility of business is to increase its profits. The New York Times Magazine. 1970, September 13
  • VEBLEN, T. The Theory of Leisure Class : An Economic Study in the Evoluation of Institutions. 1889
  • 江頭進. 社会科学における人間の認識の位置. 進化経済学のフロンティア. 2004, 159-180
もっと見る

前のページに戻る