{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:200902287979290585   整理番号:08A0283366

La2CuO4からの入射光子エネルギーと偏光依存共鳴非弾性X線散乱の解析

Analysis of Incident-Photon-Energy and Polarization Dependent Resonant Inelastic X-ray Scattering from La2CuO4
著者 (3件):
資料名:
巻: 77  号:ページ: 034711.1-034711.8  発行年: 2008年03月15日
JST資料番号: G0509A  ISSN: 0031-9015  CODEN: JUPSA  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
La2CuO4のCu K端における,共鳴非弾性X線散乱(RIXS)の入射光子エネルギーと,偏光依存共鳴非弾性の詳細な解析を提示した。本解析はNomuraとIgarashiにより開発された公式に基づいており,3d状態に対する入射光子依存因子と,密度-密度相関関数の積によりスペクトルを記述する。前者の因子は,非経験的バンド構造からの4p状態密度を使い,後者はHartree-Fock近似と,ランダム位相近似内で,多軌道強結合モデルを使い計算した。2-5eVのエネルギー損失範囲において,豊富な構造を持ったスペクトルを得たが,これは運動量と入射光子エネルギーを変えることにより変わり,最近の実験結果と半定量的に一致する。入射光子依存因子の,組合せ効果の変化の起源と,密度-密度相関関数のような変化の起源を明らかにした。(翻訳著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
X線回折法  ,  X線スペクトル一般 
引用文献 (35件):
もっと見る
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る