特許
J-GLOBAL ID:200903000084404883

超純水製造システムにおける逆浸透膜分離装置の運転方法

発明者:
出願人/特許権者:
代理人 (1件): 松月 美勝
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願平7-182097
公開番号(公開出願番号):特開平9-010767
出願日: 1995年06月26日
公開日(公表日): 1997年01月14日
要約:
【要約】【目的】一次純水システムで得る純水の水質をアップしても、サブシステムにおける逆浸透膜分離装置で有効に精製して透過水として得る超純水の水質を一層に高め得る超純水製造システムにおける逆浸透膜分離装置の運転方法を提供する。【構成】膜分離モジュ-ルとして逆浸透膜分離モジュ-ルを用い、配管、継手、バルブ等を合成樹脂製とした逆浸透膜分離装置を操作圧力P(kgf/cm2)のもとでの膜単位面積当たり(1m2当たり)の透過流量q(リットル/分)をq≧0.1Pとするように、しかも操作圧力を10kgf/cm2以下として運転する。
請求項1:
膜分離モジュ-ルとして逆浸透膜分離モジュ-ルを用い、配管、継手、バルブ等を合成樹脂製とした逆浸透膜分離装置を操作圧力P(kgf/cm2)のもとでの膜単位面積当たり(1m2当たり)の透過流量q(リットル/分)をq≧0.1Pとするように、しかも操作圧力を10kgf/cm2以下にして運転することを特徴とする超純水製造システムにおける逆浸透膜分離装置の運転方法。
IPC (3件):
C02F 1/44 ,  B01D 61/12 ,  B01D 71/56
FI (3件):
C02F 1/44 J ,  B01D 61/12 ,  B01D 71/56

前のページに戻る