特許
J-GLOBAL ID:200903000137377018

生物学的サンプルの抗生物質感受性を分析するためのシステムおよび方法

発明者:
出願人/特許権者:
代理人 (1件): 谷 義一 (外2名)
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願2001-160395
公開番号(公開出願番号):特開2002-125697
出願日: 2001年05月29日
公開日(公表日): 2002年05月08日
要約:
【要約】【課題】 生物学的サンプルのようなサンプルを分析して、抗菌性物質に対するサンプルの感受性を正確かつ効果的に決定して、各サンプルおよび抗菌性物質についての最低抑制濃度(MIC)値を決定するためのシステムおよび方法を提供する。【解決手段】 複数の各時間間隔で、このシステムおよび方法は、赤、緑および青波長のような複数の異なる分析光波長を、複数の各サンプルウェル上に向けて送り、各分析光波長について各サンプルウェルから発する各結果の光波長を検出する。このシステムおよび方法は、結果の光波長を使用して、たとえば、サンプルウェルの酸化還元状態および濁度の特性を表す少なくとも2つの成長指標特性曲線を生成する。次いで、このシステムが、同じ抗菌性物質を含むサンプルウェルの酸化還元状態および濁度の特性を使用して、これらのウェルに含まれたサンプルに関してこの物質についてのMIC値を決定する。
請求項1:
少なくとも1つのサンプルウェルに含まれたサンプルを分析するための方法であって、複数の異なる分析光波長を、前記サンプルウェルに含まれた前記サンプル上に向けて送るステップと、前記サンプル上に向けて送られた前記各分析光波長についての、前記サンプルから発する各結果の光波長を検出するステップと、各結果の各々の光波長を表す結果値を生成するステップと、数学的に前記結果値を結合して、各々が前記サンプルの各成長特性を表す、少なくとも2つの成長指標値を提供するステップとを含むことを特徴とする方法。
IPC (7件):
C12Q 1/18 ,  C12M 1/34 ,  G01N 21/64 ,  G01N 21/78 ,  G01N 33/15 ,  G01N 33/48 ,  G01N 33/483
FI (7件):
C12Q 1/18 ,  C12M 1/34 B ,  G01N 21/64 Z ,  G01N 21/78 C ,  G01N 33/15 B ,  G01N 33/48 N ,  G01N 33/483 C
Fターム (59件):
2G043AA03 ,  2G043BA16 ,  2G043CA03 ,  2G043DA02 ,  2G043EA01 ,  2G043FA01 ,  2G043FA03 ,  2G043FA06 ,  2G043HA01 ,  2G043JA03 ,  2G043KA02 ,  2G043KA03 ,  2G043LA03 ,  2G043NA06 ,  2G045AA37 ,  2G045BB20 ,  2G045BB50 ,  2G045CB21 ,  2G045FA26 ,  2G045FA27 ,  2G045FB04 ,  2G045GC30 ,  2G045HA09 ,  2G045HA11 ,  2G045HA16 ,  2G045JA01 ,  2G054AA08 ,  2G054AB10 ,  2G054BB13 ,  2G054CB10 ,  2G054CD03 ,  2G054EA01 ,  2G054EB01 ,  2G054FA01 ,  2G054FA32 ,  2G054FA36 ,  2G054GA02 ,  2G054GA03 ,  2G054GB03 ,  2G054JA01 ,  2G054JA04 ,  2G054JA05 ,  2G054JA07 ,  2G054JA10 ,  4B029AA07 ,  4B029BB01 ,  4B029CC01 ,  4B029FA02 ,  4B029FA03 ,  4B029FA04 ,  4B029FA12 ,  4B063QA01 ,  4B063QA06 ,  4B063QQ05 ,  4B063QR90 ,  4B063QS39 ,  4B063QX01 ,  4B063QX02 ,  4B063QX04

前のページに戻る