特許
J-GLOBAL ID:200903000148179528

電動機駆動用電力変換装置の回生制御方法

発明者:
出願人/特許権者:
代理人 (1件): 篠部 正治
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願2002-266477
公開番号(公開出願番号):特開2004-104959
出願日: 2002年09月12日
公開日(公表日): 2004年04月02日
要約:
【課題】電動機の減速に伴って回生される電流を直接制御することで、交流電源が停電したときの直流中間回路電圧を制御することで、高い応答性を得られるようにすることにある。【解決手段】交流電源1が停電すれば、予め定めた変化率で減少する周波数指令値で前記交流電動機5を減速させ、この停電減速時に前記交流電動機5が回生する有効電流の制限値を前記直流中間回路の電圧に対応して変化させ、この回生有効電流制限値に対応した周波数補正量で前記周波数指令値を正方向に補正する。前記停電減速中の交流電動機5の回生有効電流実際値が前記制限値を越えている期間または回生有効電流指令値が前記制限値で制限されている期間中は、前記交流電動機5の減速を中止する。前記停電減速中に前記直流中間回路電圧が所定値を越えている期間中は、前記交流電動機5の減速を中止する。【選択図】 図5
請求項(抜粋):
電源側変換器と,負荷側変換器と,これら両変換器を結合する直流中間回路とでなる電力変換装置に交流電源を接続し、該電力変換装置が出力する可変電圧可変周波数の交流電力で交流電動機を可変速駆動する電動機駆動用電力変換装置の制御方法において、 前記交流電源が停電すれば、予め定めた変化率で減少する周波数指令値で前記交流電動機を減速させ、 この停電減速時に前記交流電動機が回生する有効電流の制限値を前記直流中間回路の電圧に対応して変化させ、 この回生有効電流制限値に対応した周波数補正量で前記周波数指令値を正方向に補正することを特徴とする電動機駆動用電力変換装置の回生制御方法。
IPC (1件):
H02P7/63
FI (2件):
H02P7/63 302H ,  H02P7/63 302R
Fターム (19件):
5H576BB09 ,  5H576CC05 ,  5H576DD02 ,  5H576DD04 ,  5H576EE01 ,  5H576EE03 ,  5H576EE09 ,  5H576EE11 ,  5H576FF04 ,  5H576GG04 ,  5H576GG05 ,  5H576HA04 ,  5H576HB02 ,  5H576JJ05 ,  5H576JJ15 ,  5H576JJ28 ,  5H576LL22 ,  5H576LL24 ,  5H576MM13
引用特許:
出願人引用 (3件)

前のページに戻る