特許
J-GLOBAL ID:200903000170320781

転がり軸受の潤滑構造

発明者:
出願人/特許権者:
代理人 (2件): 野田 雅士 ,  杉本 修司
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願2002-356141
公開番号(公開出願番号):特開2004-190706
出願日: 2002年12月09日
公開日(公表日): 2004年07月08日
要約:
【課題】騒音低減および省エネが可能で、安定した潤滑性能が得られる転がり軸受の潤滑構造を提供する。【解決手段】転がり軸受1の内輪2の外径面における転走面2aの側方に斜面部2bを設け、この斜面部2bに隙間δを介して沿う潤滑油導入部材6を配置する。この潤滑油導入部材6の上記斜面部2bに対面する円周上の一部または全体に、上記斜面部2bに近接または接触する多孔質材8を設ける。この多孔質材8へ潤滑油を供給する油導入路11を設ける。油導入路11は、潤滑油を加圧して供給する潤滑油供給装置に接続する。【選択図】 図1
請求項(抜粋):
転がり軸受の内輪の外径面における転走面の側方に斜面部を設け、この斜面部に隙間を介して沿う潤滑油導入部材を配置し、この潤滑油導入部材の上記斜面部に対面する円周上の一部または全体に、上記斜面部に近接または接触する多孔質材を設け、この多孔質材へ潤滑油を供給する油導入路を設けた転がり軸受の潤滑構造。
IPC (4件):
F16C33/66 ,  B23Q11/12 ,  F16C19/16 ,  F16H57/04
FI (4件):
F16C33/66 Z ,  B23Q11/12 E ,  F16C19/16 ,  F16H57/04 Q
Fターム (27件):
3C011FF06 ,  3J063AA25 ,  3J063BA11 ,  3J063BB46 ,  3J063BB48 ,  3J063CD02 ,  3J063CD42 ,  3J063XD03 ,  3J063XD48 ,  3J063XE15 ,  3J101AA02 ,  3J101AA32 ,  3J101AA42 ,  3J101AA54 ,  3J101AA62 ,  3J101AA81 ,  3J101BA53 ,  3J101BA56 ,  3J101BA77 ,  3J101CA04 ,  3J101CA08 ,  3J101FA01 ,  3J101FA32 ,  3J101FA44 ,  3J101FA55 ,  3J101FA60 ,  3J101GA31

前のページに戻る