特許
J-GLOBAL ID:200903000178600287

無線通信装置

発明者:
出願人/特許権者:
代理人 (1件): 守山 辰雄 (外1名)
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願2002-059812
公開番号(公開出願番号):特開2003-189372
出願日: 2002年03月06日
公開日(公表日): 2003年07月04日
要約:
【要約】【課題】 複数の通信局装置に共通なコードを用いて拡散された同期信号を無線送信する通信局装置から当該同期信号を受信する無線通信装置で、例えば同一のパス内に存在する複数の基地局装置からのパスの検出を可能とする。【解決手段】 位相回転量検出手段6が基準となる通信局装置からの同期信号の位相回転量を検出し、擬似共通コード信号生成手段7、8が当該基準通信局装置により用いられる共通コードと検出された位相回転量とを乗じた結果に基づく信号を擬似共通コード信号として生成し、擬似共通コード信号減算手段9が生成された擬似共通コード信号を受信同期信号から減算し、他局同期信号検出手段10、11が当該減算結果に基づいて基準通信局装置以外の通信局装置からの同期信号を検出する。
請求項(抜粋):
複数の通信局装置に共通なコードを用いて拡散された同期信号を無線送信する通信局装置から当該同期信号を受信する無線通信装置において、基準となる通信局装置からの同期信号の位相回転量を検出する位相回転量検出手段と、基準となる通信局装置により用いられる共通コードと位相回転量検出手段により検出された位相回転量とを乗じた結果に基づく信号を擬似共通コード信号として生成する擬似共通コード信号生成手段と、擬似共通コード信号生成手段により生成された擬似共通コード信号を受信同期信号から減算する擬似共通コード信号減算手段と、擬似共通コード信号減算手段の減算結果に基づいて基準通信局装置以外の通信局装置からの同期信号を検出する他局同期信号検出手段と、を備えたことを特徴とする無線通信装置。
IPC (3件):
H04Q 7/38 ,  H04B 7/216 ,  H04J 13/00
FI (3件):
H04B 7/26 109 N ,  H04J 13/00 A ,  H04B 7/15 D
Fターム (20件):
5K022EE01 ,  5K022EE11 ,  5K022EE21 ,  5K022EE36 ,  5K067CC10 ,  5K067DD19 ,  5K067DD25 ,  5K067EE02 ,  5K067EE06 ,  5K067EE10 ,  5K067EE24 ,  5K067HH21 ,  5K072AA24 ,  5K072BB13 ,  5K072BB25 ,  5K072BB27 ,  5K072DD11 ,  5K072EE22 ,  5K072FF06 ,  5K072GG40
引用特許:
審査官引用 (2件)

前のページに戻る