特許
J-GLOBAL ID:200903000203146928

同一チャネル干渉が存在する場合のVSB高精細度テレビジョン信号を等化する方法

発明者:
出願人/特許権者:
代理人 (1件): 谷 義一 (外2名)
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願2002-113897
公開番号(公開出願番号):特開2002-344822
出願日: 2002年04月16日
公開日(公表日): 2002年11月29日
要約:
【要約】【課題】 同一チャネルNTSC干渉が存在する場合の高精細度テレビジョン情報を含む信号を等化するための方法および装置を提供する。【解決手段】 本方法および装置は、フィード・フォワード(24)およびデシジョン・フィードバック(26)フィルタを有するイコライザ(22)を用いる。コム・フィルタ(20)が、NTSC同一チャネル干渉が存在するとき、イコライザ(22)の前方に挿入される。デシジョン・フィードバック・フィルタ(26)の選択されたタップは、信号が初期ブラインド・オペレーティング・モードの期間に等化されるときに、ゼロ値に設定される。その後、デシジョン・フィードバック・フィルタ(26)タップは、デシジョン・ダイレクテッド・オペレーティング・モードにおいて更新される。
請求項(抜粋):
伝送チャネルを介して受信されたビデオ情報を含む信号を処理するためのシステムにおいて、第1および第2のフィルタ(24、26)を有するイコライザ(22)を用いるチャネル等化方法であって、(a)初期ブラインド・オペレーティング・モードの期間に、受信した信号を前記第1のフィルタ(24)で初期的に等化するステップと、(b)その後、デシジョン・ダイレクテッド・オペレーティング・モードの期間に、前記受信した信号を前記第2のフィルタで等化するステップと、(c)前記初期的なブラインド等化モードの期間に、前記第2のフィルタ(26)の所定のタップをゼロ値に設定するステップとを含むことを特徴とする方法。
IPC (3件):
H04N 5/44 ,  H04B 3/06 ,  H04B 7/005
FI (3件):
H04N 5/44 A ,  H04B 3/06 A ,  H04B 7/005
Fターム (12件):
5C025AA30 ,  5C025BA25 ,  5C025DA01 ,  5C025DA10 ,  5K046AA05 ,  5K046BB03 ,  5K046EE02 ,  5K046EE06 ,  5K046EE17 ,  5K046EF02 ,  5K046EF15 ,  5K046EF26
引用特許:
審査官引用 (4件)
全件表示
引用文献:
前のページに戻る