特許
J-GLOBAL ID:200903000225945182

鋼管の延伸圧延制御方法

発明者:
出願人/特許権者:
代理人 (1件): 松山 圭佑 (外2名)
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願平7-173480
公開番号(公開出願番号):特開平9-024409
出願日: 1995年07月10日
公開日(公表日): 1997年01月28日
要約:
【要約】【目的】 マンドレルミルにおいて両管端部の薄肉化圧延を実施する際に、円周方向の偏肉のない目標通りの減肉パターンの仕上げ圧延用素管を得る。【構成】 管の先後端部の肉厚を減肉するように圧下位置制御を実施する延伸圧延機のスタンドの出側、及び該スタンドの前段スタンドの出側に管の前進速度を検出する速度計28B、28E、28Fを設け、その計測値に基づいて、実際の管の速度に合わせてロール間隔を制御する。
請求項(抜粋):
マンドレルバーを挿入した中空素管を、孔型ロールをそれぞれに備えた複数のスタンドによって構成される連続延伸圧延機により延伸圧延を行う際に、後工程の絞り圧延機における管先後端部の厚肉化を抑制するために前記延伸圧延機で予め管の先後端部を管長手方向中央部から管端にかけて漸次薄肉となるようにロール圧下を制御をする鋼管の延伸圧延制御方法において、前記薄肉化となるロール圧下制御を実施する延伸圧延機のスタンドおよび該ロール圧下制御を行うスタンドの直前のスタンドのそれぞれ出側で管の前進速度を速度計にて直接検出し、前記検出された管の前進速度を基に前記ロール圧下制御の開始タイミングと、前記ロール圧下制御のロール開閉速度とを制御することを特徴とする鋼管の延伸圧延制御方法。
IPC (4件):
B21B 37/78 ,  B21B 17/02 ,  B21B 17/04 ,  B21B 37/18 BBS
FI (5件):
B21B 37/12 115 A ,  B21B 17/02 A ,  B21B 17/04 ,  B21B 37/12 BBS ,  B21B 37/12 115 B

前のページに戻る