特許
J-GLOBAL ID:200903000266249948

遊技機

発明者:
出願人/特許権者:
代理人 (1件): 特許業務法人 エビス国際特許事務所
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願2007-245549
公開番号(公開出願番号):特開2009-072435
出願日: 2007年09月21日
公開日(公表日): 2009年04月09日
要約:
【課題】製造コストをあまり増大させることなく演出の趣向性を向上させると共に、リールの目押しを行う場合のタイミングを分かり易くする。【解決手段】スロットマシン1は、第1の後側光通過部161を通過し第1及び第2の反射鏡201、202を反射し第1の後側光通過部161を通過したリールの後側からの光を第2のリール表示窓から視認できるので、製造コストをあまり増大させることなく演出の趣向性を向上させると共に、第2のリール表示窓45から見えるリール101aの後側の図柄を目押しの基準にすることで、メインのリール101aの目押しを行う場合のタイミング調整を容易にすることができ、遊技者に好印象を与えることができる。【選択図】図10
請求項(抜粋):
前方に開口を有する本体筐体と、前記本体筐体の内部に配置され、外周面に複数種類の図柄が描かれたリールと、前記本体筐体に対して回動可能に取付けられることで前記本体筐体の前記開口を閉塞させる前扉とを備える遊技機であって、 前記本体筐体の後面における前記リールの後方の位置に配置して当該リールの後側からの光を前記本体筐体の外側後方へ通過させる第1の後側光通過部と、 前方に開口を有し、当該開口の下側部を前記第1の後側光通過部に対向させた状態で前記本体筐体の後面に取付けられる外付け筐体と、 前記外付け筐体の内部に配置し、前記外付け筐体が前記本体筐体の後面に取付けられた状態で前記第1の後側光通過部からの光を上方に反射させる第1の反射鏡と、 前記外付け筐体の内部における前記第1の反射鏡の上方に配置し、当該第1の反射鏡からの光を前方に反射させる第2の反射鏡と、 前記外付け筐体が前記本体筐体の後面に取付けられた状態で前記外付け筐体の前記開口の上側部に対向する前記本体筐体の後面の位置に設けられ、前記第2の反射鏡から反射した光を前記本体筐体の内側前方へ通過させる第2の後側光通過部と、 前記前扉に設けられ、当該前扉が前記本体筐体の前記開口を閉塞した状態で前記リールの前方に配置して当該リールの前側を視認可能にする第1のリール表示窓と、 前記前扉の前記第1のリール表示窓より上側の位置に設けられ、当該前扉が前記本体筐体の前記開口を閉塞した状態で前記第2の後側光通過部を通過した光を視認可能にする第2のリール表示窓と、 を備えることを特徴とする遊技機。
IPC (1件):
A63F 5/04
FI (2件):
A63F5/04 512C ,  A63F5/04 512D
Fターム (51件):
2C082AA02 ,  2C082AB12 ,  2C082AB25 ,  2C082AB34 ,  2C082AC14 ,  2C082BA02 ,  2C082BA22 ,  2C082BA32 ,  2C082BA35 ,  2C082BB02 ,  2C082BB17 ,  2C082BB35 ,  2C082BB44 ,  2C082BB48 ,  2C082BB74 ,  2C082BB76 ,  2C082BB78 ,  2C082BB80 ,  2C082BB83 ,  2C082BB85 ,  2C082BB93 ,  2C082BB94 ,  2C082BB96 ,  2C082CA02 ,  2C082CA03 ,  2C082CA23 ,  2C082CA24 ,  2C082CA25 ,  2C082CA27 ,  2C082CA34 ,  2C082CB04 ,  2C082CB23 ,  2C082CB33 ,  2C082CB41 ,  2C082CC01 ,  2C082CC12 ,  2C082CC51 ,  2C082CD12 ,  2C082CD18 ,  2C082CD23 ,  2C082CD25 ,  2C082CD49 ,  2C082CD51 ,  2C082CD55 ,  2C082DA19 ,  2C082DA29 ,  2C082DA33 ,  2C082DA52 ,  2C082DA54 ,  2C082DA63 ,  2C082DA80
引用特許:
出願人引用 (1件)
  • スロットマシン
    公報種別:公開公報   出願番号:特願2006-197550   出願人:KPE株式会社

前のページに戻る