特許
J-GLOBAL ID:200903000396273379

有機質-無機質複合体粒子、その製法及び用途

発明者:
出願人/特許権者:
代理人 (1件): 八田 幹雄 (外1名)
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願平8-003413
公開番号(公開出願番号):特開平9-194593
出願日: 1996年01月11日
公開日(公表日): 1997年07月29日
要約:
【要約】 (修正有)【課題】 硬度、機械的強度、弾性、疎水性等といった諸特性に優れ、トナー用添加剤として好適な有機質-無機質複合体粒子を提供する。【解決手段】 下記一般式(I)(式中R1 は、C1 〜C20の有機基、Xは加水分解性基、mは0〜3の整数である。)で表されるシリコン化合物(A)と、下記一般式(II)(式中R2 、R4 はC1 〜C20の有機基、Y、Zは加水分解性基、R3 は2価の有機基、n,pはそれぞれ0〜2の整数である。)で表されるシリコン化合物(B)とを(但し、一般式(I)におけるm=2または3でかつ一般式(II)におけるn=p=2の場合は除く。)、共加水分解・重縮合反応させて得られた有機質-無機質複合体粒子。
請求項(抜粋):
下記一般式(I)【化1】(式中R1 は、C1 〜C20の有機基、Xは加水分解性基、mは0〜3の整数である。なお、mが2以上の場合は、複数のR1 は同一であっても異なっても良く、また4-mが2以上の場合は複数のXは同一であっても異なっても良い。)で表されるシリコン化合物(A)と、下記一般式(II)【化2】(式中R2 、R4 はC1 〜C20の有機基、Y、Zは加水分解性基、R3 は2価の有機基、n,pはそれぞれ0〜2の整数である。なお、nが2である場合、複数のR2 は同一であっても異なっても良く、同様にpが2である場合、複数のR4は同一であっても異なっても良く、また3-nが2以上の場合は複数のYは同一であっても異なっても良く、同様に3-pが2以上の場合は複数のZは同一であっても異なっても良い。)で表されるシリコン化合物(B)とを(但し、一般式(I)におけるm=2または3でかつ一般式(II)におけるn=p=2の場合は除く。)、共加水分解・重縮合反応させて得られた有機質-無機質複合体粒子。
IPC (3件):
C08G 77/04 NUA ,  G03G 9/08 ,  G03G 9/087
FI (4件):
C08G 77/04 NUA ,  G03G 9/08 365 ,  G03G 9/08 371 ,  G03G 9/08 381
引用特許:
審査官引用 (12件)
全件表示

前のページに戻る