特許
J-GLOBAL ID:200903000430370265

共重合ポリエステル組成物

発明者:
出願人/特許権者:
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願平4-207894
公開番号(公開出願番号):特開平6-049336
出願日: 1992年08月04日
公開日(公表日): 1994年02月22日
要約:
【要約】【目的】 機械特性、耐摩耗性、透明性の優れた共重合ポリエステル組成物を提供する。【構成】 下式で示されるユニットI、IIからなる共重合ポリエステルと、【化1】(ただし、Ar1 、Ar2 、Ar3 、Ar4 は独立して2価の芳香族残基を表わし、R1 、R2 は独立して炭素数1〜12の直鎖状、分岐状、または環状の2価の脂肪族を表わす。またxおよびyは下記式(1)、(2)を満足するものである)x+y=1 (1)0.02≦x≦0.70 (2)平均粒径0.01〜5.0μmの有機微粒子を該共重合ポリエステルに対して0.01〜5.0重量%含有することを特徴とする共重合ポリエステル組成物。【効果】 フィルムに成形した場合に、ボイドが少なく透明性が良く、機械特性、耐摩耗性も優れており、薄くても取り扱い時のハンドリング性に優れ、金属などと接触しても削れないポリエステル組成物が得られた。
請求項1:
下式で示されるユニットI、II【化1】(ただし、式中Ar1 、Ar2 、Ar3 、Ar4 は独立して2価の芳香族残基を表わし、R1 、R2 は独立して炭素数1〜12の直鎖状、分岐状、または環状の2価の脂肪族を表わし、またxおよびyは下記式(1)および(2)を満足するものである)x+y=1 (1)0.02≦x≦0.70 (2)からなる共重合ポリエステルと、平均粒径0.01〜5.0μmの有機微粒子を共重合ポリエステルに対して0.01〜5.0重量%含有することを特徴とする共重合ポリエステル組成物。
IPC (8件):
C08L 67/00 LNZ ,  B29C 55/12 ,  C08G 63/60 NPS ,  C08J 5/18 CFD ,  C08L 67/00 ,  C08L101:00 ,  B29K 67:00 ,  B29L 7:00

前のページに戻る