特許
J-GLOBAL ID:200903000430862320

パチンコ遊戯施設における床面のこぼれ玉回収装置

発明者:
出願人/特許権者:
代理人 (3件): 鎌田 文二 ,  東尾 正博 ,  鳥居 和久
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願2002-326594
公開番号(公開出願番号):特開2004-159748
出願日: 2002年11月11日
公開日(公表日): 2004年06月10日
要約:
【課題】床面にこぼれたパチンコ玉を簡単に回収することができ、回収作業の省力化と遊戯施設の美観向上を図ることができるパチンコ遊戯施設における床面のこぼれ玉回収装置を提供する。【解決手段】パチンコ機島1を設置した床面Aに、パチンコ機島1の長さ方向に沿って、パチンコ玉が落ち込む幅の上面開口及び長さ方向に傾斜する底面を有する集球溝7を配置し、上記集球溝7の傾斜状底面の下がり側端部の位置に、集球溝7内を転動してきたパチンコ玉が落ち込むピット8とを設け、このピット8の内部に、ピット8内へ落ち込んだパチンコ玉の収納容器9が出し入れ可能に納められている。【選択図】 図2
請求項1:
パチンコ機島を設置した床面に、パチンコ機島の長さ方向に沿って配置され、パチンコ玉が落ち込む幅の上面開口及び長さ方向に傾斜する底面を有する集球溝と、上記集球溝の傾斜状底面の下がり側端部の位置に配置され、集球溝内を転動してきたパチンコ玉が落ち込むピットとを設け、このピットの内部にピット内へ落ち込んだパチンコ玉の収納容器を出し入れ可能に納めたパチンコ遊戯施設における床面のこぼれ玉回収装置。
IPC (1件):
A63F7/02
FI (2件):
A63F7/02 355D ,  A63F7/02 348Z
Fターム (2件):
2C088BA75 ,  2C088EA45

前のページに戻る