特許
J-GLOBAL ID:200903000439783040

光導波路からなる装置

発明者:
出願人/特許権者:
代理人 (1件): 三俣 弘文
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願平9-248452
公開番号(公開出願番号):特開平10-104454
出願日: 1997年09月12日
公開日(公表日): 1998年04月24日
要約:
【要約】【課題】 モード結合グレーティング(MCG)を用いる光導波路の偶数及び奇数の空間モードの結合を改善する。【解決手段】 本発明はブレーズMCGで用いられ、これは必要な光へ露出されると、(0,1)空間モード及び高次空間モード(m,n)(好ましくは(1,1))の効率的な反射結合を起こすだけではなく、スペクトル領域Δλ(λ1を含む)内のいかなる波長λjにおける(0,1)の比較的低い(望ましくは実質的にゼロ)反射を起こす。スペクトル幅Δλのスペクトル領域内の少なくとも2つの波長(λi及びλj)の光を導くような光導波路からなる装置において用いられる。
請求項1:
スペクトル幅Δλのスペクトル領域内の少なくとも2つの波長λi及びλjの電磁放射を導波する光導波路(83)からなる装置であって、前記光導波路は、マルチモード光導波路長(83)からなり、前記マルチモード光導波路長(83)は、ピッチΛ及びブレーズ角θのブレーズ屈折率グレーティング(84)からなり、このΛ及びθは、前記ブレーズ屈折率グレーティング(84)が波長λiの電磁放射の対称基本空間モード及び前記波長λiの電磁放射の高次空間モードの間の結合をもたらすように選択され、この装置において、(a)前記ブレーズ屈折率グレーティング(84)は、Λ<1μmである短周期の屈折率グレーティングであり、(b)前記ブレーズ角θはθoよりも大きく、ここで、θoは、波長λiの電磁放射に対する前記対称基本空間モード及び前記高次空間モードの間の最適化結合を与えるブレーズ角であり、(c)θは、波長λjの前記対称基本空間モードの放射の反射が、θ=θoであること以外は同一の比較グレーティングによる反射よりも少ない反射を前記グレーティングがもたらすように選択されることを特徴とする装置。
IPC (2件):
G02B 6/14 ,  G02B 6/126
FI (2件):
G02B 6/14 ,  G02B 6/12 E

前のページに戻る