特許
J-GLOBAL ID:200903000691365030

ドア用給電プロテクタとそれを用いた回路体配索構造

発明者:
出願人/特許権者:
代理人 (1件): 瀧野 秀雄 (外3名)
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願2002-046114
公開番号(公開出願番号):特開2003-246245
出願日: 2002年02月22日
公開日(公表日): 2003年09月02日
要約:
【要約】【課題】 自動車用スライドドア内の回路体の干渉等を防止する。【解決手段】 ドア用給電プロテクタ1は、ドア2内で回路体を湾曲した状態に収容するプロテクタ本体1’と、プロテクタ本体の外壁5に設けられ、プロテクタ本体の外側に位置する回路体15を保持する回路体収容部11とを備えている。回路体保持部11は補助プロテクタであってもよい。補助プロテクタ11は少なくとも一対の対向する保持壁12,13を備えている。保持壁12に回路体飛び出し防止用の可撓性の保持片19又は係止可能なカバーが設けられている。ドア用給電プロテクタ1を用いて車両ボディ側からプロテクタ本体1’内に回路体を導入し、プロテクタ本体から導出した回路体の一部15を回路体保持部又は補助プロテクタ11内に収容してドア2内の補機に向けて配索した。
請求項(抜粋):
ドア内で回路体を湾曲した状態に収容するプロテクタ本体と、該プロテクタ本体の外壁に設けられ、該プロテクタ本体の外側に位置する回路体を保持する回路体保持部とを備えたことを特徴とするドア用給電プロテクタ。
IPC (6件):
B60R 16/02 623 ,  H02G 3/04 ,  H02G 3/30 ,  H02G 3/38 ,  H02G 11/00 ,  H05K 7/00
FI (7件):
B60R 16/02 623 V ,  H02G 3/04 J ,  H02G 11/00 M ,  H02G 11/00 Y ,  H05K 7/00 B ,  H02G 3/26 H ,  H02G 3/28 F
Fターム (17件):
4E352AA09 ,  4E352BB15 ,  4E352CC07 ,  4E352GG20 ,  5G357DA06 ,  5G357DB03 ,  5G357DC12 ,  5G357DD02 ,  5G357DD06 ,  5G357DD14 ,  5G357DE02 ,  5G357DE05 ,  5G363AA07 ,  5G363BA02 ,  5G363BB01 ,  5G363DA15 ,  5G363DC03
引用特許:
出願人引用 (4件)
全件表示
審査官引用 (2件)

前のページに戻る