特許
J-GLOBAL ID:200903000777891184

ボトル展示用具

発明者:
出願人/特許権者:
代理人 (1件): 酒井 一 (外1名)
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願2000-185990
公開番号(公開出願番号):特開2002-000414
出願日: 2000年06月21日
公開日(公表日): 2002年01月08日
要約:
【要約】【課題】 複数のボトル展示用具を連設しても、上下左右のボトル展示用具やボトル間のデッドスペースを極めて少ないものにできるボトル展示用具を提供すること。【解決手段】 ボトル上端部を滑り移動可能に支持するために全長にスリット17とフランジ12を備えたレール11と、フランジの少なくとも一方にそれぞれ枢着した最前端ボトル停止レバー21及び後行ボトル停止プーリー25とを備え、最前端ボトル停止レバーは前方で最前端ボトル51に当接して最前端ボトルの滑り移動を一旦停止させる前方レバー21aと後方で後行ボトル停止プーリーに当接してその回動を停止する後方レバー21cとを備え、後行ボトル停止プーリーは後方レバーに係合すると共に後行ボトルに当接する羽根25aを備える。
請求項1:
複数のボトルの上端部がそれぞれ係合されて滑り移動することにより後端のボトル挿入部から前端のボトル取出し部までボトルを導くレールと、該レールのボトル取出し部において最前端のボトルの上端部に当接してボトルを一旦停止させるための最前端ボトル停止手段と、該最前端ボトル停止手段に連動して前記最前端ボトルの次に配置された後行ボトル上端部に当接して後行ボトルの滑り移動を一旦停止させる後行ボトル停止手段とを備え、前記最前端のボトルをボトル取出し部から引き抜くと最前端ボトル停止手段が作動し、この最前端ボトル停止手段の作動に連動して前記後行ボトル停止手段は後行ボトルの停止状態を解除し、該後行ボトルが滑り移動して前記最前端ボトル停止手段に当接してこれを作動させ、この最前端ボトル停止手段の作動に連動して前記後行ボトル停止手段は後行ボトルの次のボトルの滑り移動を一旦停止するように該次のボトルの上端部に当接することを特徴とするボトル展示用具。

前のページに戻る