特許
J-GLOBAL ID:200903000787662574

D/Aコンバータを有する集積回路とデジタルからアナログへの変換装置とその方法

発明者:
出願人/特許権者:
代理人 (1件): 三俣 弘文
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願平8-106585
公開番号(公開出願番号):特開平8-307266
出願日: 1996年04月26日
公開日(公表日): 1996年11月22日
要約:
【要約】【課題】 マルチビットデジタル信号入力をアナログ信号出力に効率よく変換する自己校正高速D/Aコンバータを提供する。【解決手段】 本発明のD/Aコンバータは、集積回路上で実現され複数のデータセルを有するデータアレイと校正モード中に固定校正電流と固定校正電圧を提供する校正回路と、校正回路を第1規準電圧でもってバイアスし、MSB(最上位ビット)とLSB(最下位ビット)の各アレイセルを第2規準電圧でもってバイアスするバイアス回路とを有する。更に本発明のD/Aコンバータは、高速時おける高解像度と高精度を達成するバイアス回路を含んでいる。
請求項(抜粋):
複数ビットのデジタル信号入力をアナログ信号出力に変換するD/Aコンバータを有する集積回路において、(A)複数のデータセルを有するデータアレイと、(B)校正モードの間、固定校正電流と電圧とを提供する校正回路と、(C)前記校正回路を第1規準電圧でバイアスし、前記データセルの各々を第2規準電圧でバイアスするバイアス回路と、からなり、前記各データセルは、(A1)電流ソースデバイスと、(A2)校正トランジスタと、(A3)第1と第2のデータ選択スイッチと、(A4)第1と第2の校正スイッチと、を有し、校正モードの間、前記(A1)電流ソースデバイスは、全電流の大部分を前記データセルを介して提供し、前記(B)校正回路からの固定校正電圧と電流とは、前記(A4)第1と第2の校正スイッチを介して、前記(A2)校正トランジスタに供給され、前記(A2)校正トランジスタが前記全電流の残りの部分を供給し、前記(A3)第1と第2のデータ選択スイッチは、前記(A1)電流ソースデバイスと前記(A2)校正トランジスタと前記(A4)校正スイッチの1つに共通に接続され、共通規準ノードを形成し、前記共通規準ノードは、前記(A4)校正スイッチの1つを介して前記固定校正電圧と関連する固定ノード電圧に維持され、動作モードの間、前記(C)のバイアス回路からの第2規準電圧は、前記(A3)データ選択スイッチの1つを介して、前記共通規準ノードに供給され、前記共通規準ノードを前記固定ノード電圧に維持することを特徴とするD/Aコンバータを含む集積回路。
IPC (4件):
H03M 1/10 ,  H01L 27/04 ,  H01L 21/822 ,  H03M 1/68
FI (3件):
H03M 1/10 B ,  H03M 1/68 ,  H01L 27/04 F

前のページに戻る