特許
J-GLOBAL ID:200903000992697801

紡機におけるファンの駆動制御装置

発明者:
出願人/特許権者:
代理人 (1件): 恩田 博宣
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願平6-310823
公開番号(公開出願番号):特開平8-170232
出願日: 1994年12月14日
公開日(公表日): 1996年07月02日
要約:
【要約】【目的】 紡機機台に設けられたファンの空気取入窓の防塵ネットに堆積した風綿などの塵埃が、自動清掃機からの噴射エアにより飛散されて糸に悪影響を及ぼすことを防止する。【構成】 精紡機1のアウトエンド2には、放熱用のフィン5に冷却風を送風するファン7が配設され、その背面側に防塵ネット6aで覆われた空気取入窓6が設けられている。トラベリングクリーナ9が空気取入窓6と対応する位置に接近してリミットスイッチ14がオンされるとファン7が正転から逆転に切換えられ、空気取入窓6に対して所定風量が送風される。防塵ネット6aに溜まった風綿などの塵埃は、ファン7の逆転による比較的弱い送風により、トラベリングクリーナ9のエア噴射ノズル12aからエア噴射されるまでに予め防塵ネット6aから脱落するように除去される。
請求項(抜粋):
紡機機台内に設けられたファンのための空気取入窓が防塵ネットで覆われた状態で機台に備えられ、該紡機機台に沿って走行可能に配備された自動清掃機のエア噴射ノズルと前記空気取入窓とが対応する位置関係にある紡機において、前記ファンを正逆転駆動させる駆動手段と、前記空気取入窓に接近する前記自動清掃機を、前記エア噴射ノズルと前記空気取入窓とが対応する位置よりも所定距離手前位置にて検知可能な検知手段と、前記自動清掃機が前記エア噴射ノズルを前記空気取入窓に対応させる位置に到達するまでに、前記検知手段からの検知信号に基づき前記ファンが所定時間だけ逆転するように前記駆動手段を駆動制御する制御手段とを備えた紡機におけるファンの駆動制御装置。

前のページに戻る