特許
J-GLOBAL ID:200903001004334959

光ディスク再生装置

発明者:
出願人/特許権者:
代理人 (1件): 板谷 康夫
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願2002-372763
公開番号(公開出願番号):特開2004-206761
出願日: 2002年12月24日
公開日(公表日): 2004年07月22日
要約:
【課題】DVDプレイヤ等の光ディスク再生装置において、トレイ上における光ディスクの載置位置が所定位置からずれている場合でも、ずれの方向に関わらず、トレイの引き込みミスを防いで、トレイ上に載置された光ディスクの破損を防止する。【解決手段】3つのスイッチのうち一部のみがオンの状態であるときには(S2でNO、S3でNO)、トレイ上におけるDVDの載置位置が所定位置からずれていると判断して、トレイイン動作の実行を行わないようにした(S4)。また、3つのスイッチが全てオフの状態であり(S3でYES)、かつ、トレイイン動作の実行の指示がトレイアウト動作完了後の所定時間内に行われなかった場合にも(S5でNO)、トレイ上におけるDVDの載置位置が所定位置からずれていると判断して、強制実行の指示がなければ(S7でNO)、トレイイン動作の実行を行わないようにした。【選択図】 図6
請求項1:
光ディスクを載置するトレイと、 前記トレイを装置外部から装置内部に搬送するトレイイン動作、及び前記トレイを装置内部から装置外部に搬送するトレイアウト動作を行う搬送手段と、 前記搬送手段によるトレイイン動作及びトレイアウト動作の実行を指示する指示手段と、 前記搬送手段により装置内部に搬送されたトレイ上の光ディスクに記録された情報を読み取る光ディスク情報読取手段と、 前記光ディスク情報読取手段により読み取った情報を再生する再生手段とを備えた光ディスク再生装置において、 前記トレイ上の前記光ディスクが載置されるべき位置に配設されて、前記光ディスクが前記トレイ上の所定位置に載置されている場合にオンの状態となり、前記光ディスクが前記トレイ上の所定位置に載置されていない場合にオフの状態となる複数のスイッチと、 前記指示手段によりトレイイン動作の実行が指示されたときに、前記の各スイッチのオン/オフ状態をチェックして、そのチェック結果に基づいて前記搬送手段によるトレイイン動作を実行するか否かを制御する制御手段と、 前記搬送手段によるトレイイン動作の強制的な実行を指示する強制実行指示手段とをさらに備え、 前記制御手段は、 前記複数のスイッチのうち全てのスイッチがオンの状態であるときには、前記搬送手段によるトレイイン動作の実行を行い、 前記複数のスイッチのうち全てのスイッチがオフの状態であるときには、前記指示手段によるトレイイン動作の実行の指示が、前記搬送手段によるトレイアウト動作完了後の所定時間内に行われたか否かをチェックして、所定時間内に行われた場合には、前記搬送手段によるトレイイン動作の実行を行い、所定時間経過後に行われた場合には、前記強制実行指示手段により指示されたときに限り、前記搬送手段によるトレイイン動作の実行を行い、それ以外のときには前記搬送手段によるトレイイン動作の実行を行わず、 前記複数のスイッチのうち一部のスイッチのみがオンの状態であるときには、前記搬送手段によるトレイイン動作の実行を行わないようにしたことを特徴とする光ディスク再生装置。
IPC (2件):
G11B17/04 ,  G11B19/10
FI (2件):
G11B17/04 315W ,  G11B19/10 501K
Fターム (4件):
5D046AA16 ,  5D046CB11 ,  5D046GA03 ,  5D046HA08

前のページに戻る