特許
J-GLOBAL ID:200903001144429623

ネクタイ等の滑落防止器具

発明者:
出願人/特許権者:
代理人 (1件): 大塚 忠
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願2006-209780
公開番号(公開出願番号):特開2008-035893
出願日: 2006年08月01日
公開日(公表日): 2008年02月21日
要約:
【課題】二つ折りにしてバーに掛けられるネクタイが、当該バーから滑り落ちるのを防止するための着脱容易な器具を提供する。【解決手段】滑落防止器具1は、同一平面上で、S字状に屈曲した棒状または板状体からなり、装着時にネクタイNの大剣の表面に接してこれを横断する第1のバー2と、それの下方に間隔を置いてネクタイNの小剣の裏面に接してネクタイNを横断する第2のバー3と、それの下方に間隔を置いてネクタイNの大剣N1の表面に接してネクタイNを横断する第3のバー4と、第1のバー2と第2のバー2との間を接続するほぼU字状の第1の屈曲部5と、第2のバーと第3のバーとの間を接続するほぼU字状の第2の屈曲部6とを具備し、ネクタイNへの装着状態を維持するに十分な摩擦力をもってネクタイNに係合するように各部の寸法と重量が設定される。【選択図】図2
請求項(抜粋):
上方において二つ折りにされてハンガに掛けられたネクタイ、スカーフのような布帛に装着され、布帛がハンガから滑り落ちるのを防止するための器具であって、 ほぼ同一平面上で、ほぼS字状に屈曲した棒状または板状体からなり、 装着時に布帛の一方の垂下部の表面に接してこれを横断する第1のバーと、 この第1のバーの下方に間隔を置いて布帛の他方の垂下部の裏面に接してこれを横断する第2のバーと、 この第2のバーの下方に間隔を置いて布帛の一方の垂下部の表面に接してこれを横断する第3のバーと、 第1のバーと第2のバーとの間を接続する第1の屈曲部と、 第2のバーと第3のバーとの間を接続する、第1の屈曲部と反対向きの第2の屈曲部とを具備し、 布帛への装着状態を維持するに十分な摩擦力をもって布帛に係合するように前記各部の寸法と重量が設定されることを特徴とするネクタイ等の滑落防止器具。
IPC (1件):
A47G 25/74
FI (1件):
A47G25/74
Fターム (4件):
3K099AA13 ,  3K099BA15 ,  3K099CB32 ,  3K099DA13
引用特許:
出願人引用 (2件)
  • ネクタイハンガー
    公報種別:公開公報   出願番号:特願2002-142603   出願人:シンコハンガー株式会社
  • ネクタイ携帯容器
    公報種別:公開公報   出願番号:特願平10-158538   出願人:村井正彦

前のページに戻る