特許
J-GLOBAL ID:200903001249515312

スプーン成形用プレス金型

発明者:
出願人/特許権者:
代理人 (1件): 岡田 英彦 (外6名)
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願平10-007800
公開番号(公開出願番号):特開平11-197773
出願日: 1998年01月19日
公開日(公表日): 1999年07月27日
要約:
【要約】【課題】 ボール部の周縁の成形が安定した形状に成形することができるとともに、縁部の面取りコバ摺および目潰し作業を省力的に行う。【解決手段】 スプーンS のボール部3Aを成形するダイ22とポンチ32とからなる金型21において、ダイの成形凹部24の底部側にボール部の背部6aに倣う曲面状の背部成形面25を形成し、この背部成形面の四周部位28には所定の高さで立ち上がる嵌合縁29を形成し、また、ポンチの先端側は、背部成形面と対応してボール部の腹部6bに倣う曲面状の腹部成形面33を形成するとともに、この腹部成形面の四周部位34はダイの四周部位と整合して形成され、該四周部位にはダイの嵌合縁に指向して背部成形面と腹部成形面との間隔t を封止する段差縁35が形成されて、同段差縁と腹部成形面との角部には所定の径の凹状R面36を形成し、この段差縁の端部にはダイの嵌合縁とスライド可能に嵌合する嵌合部37を設ける。
請求項(抜粋):
スプーンのボール部を成形するダイとポンチとからなる金型において、前記ダイの成形凹部の底部側にボール部の背部に倣う曲面状の背部成形面を形成し、この背部成形面の四周部位には所定の高さで立ち上がる嵌合縁を形成し、また、前記ポンチの先端側は、前記背部成形面と対応してボール部の腹部に倣う曲面状の腹部成形面を形成するとともに、この腹部成形面の四周部位はダイの四周部位と整合して形成され、該四周部位にはダイの嵌合縁に指向して背部成形面と腹部成形面との間隔を封止する段差縁が形成されて、同段差縁と腹部成形面との角部には所定の径の凹状R面を形成し、この段差縁の端部にはダイの嵌合縁とスライド可能に嵌合する嵌合部を設ける構成としたことを特徴とするスプーン成形用プレス金型。
IPC (2件):
B21D 53/62 ,  B21D 24/00
FI (3件):
B21D 53/62 ,  B21D 24/00 F ,  B21D 24/00 H
引用特許:
出願人引用 (2件)
  • 金属食器の製造方法
    公報種別:公開公報   出願番号:特願平4-201554   出願人:明道金属株式会社
  • 特開昭53-149864

前のページに戻る