特許
J-GLOBAL ID:200903001258711604

直流電源装置

発明者:
出願人/特許権者:
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願平9-322558
公開番号(公開出願番号):特開平11-155282
出願日: 1997年11月25日
公開日(公表日): 1999年06月08日
要約:
【要約】【課題】CB端子における負荷率に対応する電圧レベル及び出力インピーダンスが異なる複数異種の電源モジュールに対しても負荷率を一致させることが可能な直流電源装置を提供する。【解決手段】負荷率情報を授受する電流バランス端子を備て並列運転する直流電源装置において、一方の電源モジュールのCB端子での負荷率情報となる電圧レベルを受けて、他方の異種の電源モジュールが同一負荷率となる電圧レベルに変換し、所定の抵抗を介して他方の異種の電源モジュールへ供給し、他方の異種の電源モジュールのCB端子での負荷率情報に対応する電圧レベル、あるいは同一負荷率にさせるように電圧レベルを所定に増幅した電圧信号を受けて、第1に、一方の電源モジュールの出力電圧の微調整用入力端子へ同一負荷率となる電圧レベルに変換して供給する手段を具備している直流電源装置。
請求項1:
負荷率情報を授受する電流バランス端子(CB端子)を備え、該CB端子における負荷率情報となる電圧レベルが異なる異種の電源モジュールを使用して並列運転する構成の直流電源装置において、一方の電源モジュールのCB端子からの負荷率情報となる電圧レベルを受けて、他方の異種の電源モジュールが同一負荷率となる電圧レベルに変換し、所定の抵抗を介して他方の異種の電源モジュールへ供給し、他方の異種の電源モジュールのCB端子からの負荷率情報に対応する電圧レベル、あるいは同一負荷率にさせるように該電圧レベルを所定に増幅した電圧信号を受けて、第1に、当該一方の電源モジュールの出力電圧の微調整用入力端子へ同一負荷率となる電圧レベルに変換して供給する手段、あるいは第2に、当該一方の電源モジュールの出力電圧をリモートセンシングするリモートセンシング端子へ、同一負荷率となる信号に変換してリモートセンシング信号に加算して当該リモートセンシング端子へ供給する手段を具備していることを特徴とする直流電源装置。
IPC (2件):
H02M 3/28 ,  G05F 1/00
FI (3件):
H02M 3/28 W ,  H02M 3/28 C ,  G05F 1/00 F

前のページに戻る