特許
J-GLOBAL ID:200903001302497186

磁気記録再生装置

発明者:
出願人/特許権者:
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願平10-337968
公開番号(公開出願番号):特開2000-163830
出願日: 1998年11月27日
公開日(公表日): 2000年06月16日
要約:
【要約】【課題】録画時の手間の増加を招くことなく、録画の開始位置から消去可能な録画を可能にする。【課題解決手段】磁気テープのリーダ部が現れたことをスタートセンサ1が検出したときには、検出位置に磁気テープの磁性体塗布部が現れるまで磁気テープを巻取リールの側に走行させる第1のテープ送りと、第1のテープ送りの後に、所定距離分だけ磁気テープを巻取リールの側に走行させる第2のテープ送りとを行う走行制御部2を備えた構成としている。
請求項(抜粋):
供給リールから回転ヘッドに至るまでの磁気テープの走行経路に消去ヘッドが設けられた磁気記録再生装置において、巻取リールの近傍に設定された検出位置に磁気テープのリーダ部が現れたかどうかを検出するスタートセンサと、前記検出位置にリーダ部が現れたことをスタートセンサが検出したときには、前記検出位置に磁気テープの磁性体塗布部が現れるまで前記磁気テープを巻取リール側に走行させる第1のテープ送りと、第1のテープ送りの後に、所定距離分だけ前記磁気テープを巻取リールの側に走行させる第2のテープ送りとを行う走行制御部とを備えたことを特徴とする磁気記録再生装置。
IPC (2件):
G11B 15/08 ,  G11B 5/024 601
FI (2件):
G11B 15/08 A ,  G11B 5/024 601 B
Fターム (6件):
5D105AB11 ,  5D105AC01 ,  5D105BC23 ,  5D105BC29 ,  5D105BD23 ,  5D105PC30

前のページに戻る