特許
J-GLOBAL ID:200903001364504120

被服用合成樹脂製ハンガー

発明者:
出願人/特許権者:
代理人 (1件): 三浦 光康
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願平10-112736
公開番号(公開出願番号):特開平11-290194
出願日: 1998年04月08日
公開日(公表日): 1999年10月26日
要約:
【要約】【課題】 被服用滑り止め防止部材をハンガー主体に簡単に挟着し、よって、滑り止め防止部材の取付け作業能率の向上を図ること。【解決手段】 合成樹脂製のハンガー主体1と、このハンガー主体1の左右対称の肩部4、4にそれぞれカバー状態に装着されたスポンジ性の半袋状滑り止め防止部材10とから成り、前記ハンガー主体1の肩部4の凹所5内には、肩部4の内壁面4bから凹所5の開口方向へと延設し、かつ、弾性力を有する1組の板状対向挾持片20、20を設け、この板状対向挾持片20、20の下端部20b、20bに、前記滑り止め防止部材10の左右の被挟着用閉鎖後端部10c、10cが差込み挾着されていることを特徴とする被服用合成樹脂製ハンガー。
請求項(抜粋):
合成樹脂製のハンガー主体1と、このハンガー主体1の左右対称の肩部4、4にそれぞれカバー状態に装着されたスポンジ性の半袋状滑り止め防止部材10とから成り、前記ハンガー主体1の肩部4の凹所5内には、肩部4の内壁面4bから凹所5の開口方向へと延設し、かつ、弾性力を有する1組の板状対向挾持片20、20を設け、この板状対向挾持片20、20の下端部20b、20bに、前記滑り止め防止部材10の左右の被挟着用閉鎖後端部10c、10cが差込み挾着されていることを特徴とする被服用合成樹脂製ハンガー。
IPC (3件):
A47G 25/30 ,  A47F 7/19 ,  A47G 25/36
FI (3件):
A47G 25/30 ,  A47F 7/19 A ,  A47G 25/36 A

前のページに戻る