特許
J-GLOBAL ID:200903001406614710

衣服用ボタンの製法

発明者:
出願人/特許権者:
代理人 (1件): 杉山 泰三
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願平5-095325
公開番号(公開出願番号):特開平6-284910
出願日: 1993年03月30日
公開日(公表日): 1994年10月11日
要約:
【要約】【目的】 阿古屋貝の利用を可能にする。【構成】 阿古屋貝の貝殻に切削・研磨加工を施してワイシャツ等衣服のボタン本体1を得る工程、ボタン本体1の全表面上にエポキシ樹脂等合成樹脂を溶融状態で適量まで載せ且つ同樹脂をその表面張力により丸味がついたままの状態で固化してボタン本体1の表面に樹脂層2を設ける工程、当該樹脂層付きボタン本体1に糸通し孔3を穿設する工程を行う。
請求項(抜粋):
阿古屋貝の貝殻に切削・研磨加工を施してワイシャツ等衣服のボタン本体1を得る工程、ボタン本体1の全表面上にエポキシ樹脂等合成樹脂を溶融状態で適量まで載せ且つ同樹脂をその表面張力により丸味がついたままの状態で固化してボタン本体1の表面に樹脂層2を設ける工程、当該樹脂層付きボタン本体1に糸通し孔3を穿設する工程をなすことを特徴とする衣服用ボタンの製法。

前のページに戻る