特許
J-GLOBAL ID:200903001554381148

電子写真感光体の製造方法

発明者:
出願人/特許権者:
代理人 (1件): 山口 巖
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願平4-277585
公開番号(公開出願番号):特開平6-130681
出願日: 1992年10月16日
公開日(公表日): 1994年05月13日
要約:
【要約】【目的】有機材料からなる電荷発生層を塗布法で形成する機能分離積層型感光体の製造方法で、塗工むらの少ない電荷発生層を成膜でき、それに起因する濃度むらの少ない画像の得られる電子写真感光体の製造方法を提供する。【構成】電荷発生層形成用の分散塗工液に用いる分散媒を、主分散媒である50重量%以上のテトラヒドロフランにそれより高表面張力,低蒸気圧の分散媒を少なくとも一種類添加した表面張力27.3dyn/cm以上の混合分散媒とする。
請求項1:
導電性基体上に有機材料からなる電荷発生層,電荷輸送層を塗工法で形成して感光層とする電子写真感光体の製造方法において、電荷発生層の形成に用いる分散塗工液の分散媒が主分散媒としての50重量%以上のテトラヒドロフランにテトラヒドロフランより表面張力が大きくかつ低蒸気圧の分散媒を少なくとも一種類添加した表面張力が温度20°Cにおいて27.3dyn/cm以上である混合分散媒であることを特徴とする電子写真感光体の製造方法
IPC (2件):
G03G 5/00 101 ,  G03G 5/05 102
引用特許:
審査官引用 (2件)
  • 特開平3-260657
  • 特開昭61-107355

前のページに戻る