特許
J-GLOBAL ID:200903001759160403

鋼材の加工方法

発明者:
出願人/特許権者:
代理人 (1件): 木下 実三 (外2名)
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願平4-094553
公開番号(公開出願番号):特開平5-285562
出願日: 1992年04月14日
公開日(公表日): 1993年11月02日
要約:
【要約】【目的】 SS材等の強度が高く、且つ伸び率の少ない鋼材にも肉抜き孔を形成することができ、形成後の肉抜き孔に亀裂が発生しない鋼材の加工方法を提供する。【構成】 鋼材17に角部のない長円状の孔を予め穿設しておき、この鋼材17を孔の長手方向と垂直な方向に引っ張り加工することにより、鋼材17のウエブ17Aを塑性変形させ、鋼材17にこの孔から引き伸ばされた肉抜き孔20を形成する。
請求項(抜粋):
鋼材に角部のない孔を穿設した後、この鋼材を両側から引っ張り加工することにより、前記鋼材に前記角部のない孔から引き伸ばされた肉抜き孔を形成することを特徴とする鋼材の加工方法。
IPC (4件):
B21D 35/00 ,  B21D 28/24 ,  B21D 31/04 ,  E04C 3/08
引用特許:
審査官引用 (2件)
  • 特開昭58-041641
  • 特開昭57-075229

前のページに戻る