特許
J-GLOBAL ID:200903001798886101

コンピュータシステム

発明者:
出願人/特許権者:
代理人 (1件): 外川 英明
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願平9-234285
公開番号(公開出願番号):特開平11-073330
出願日: 1997年08月29日
公開日(公表日): 1999年03月16日
要約:
【要約】【課題】 CPUが、SMM中に入っている間、コンピュータシステムからCPUに対して新たに割り込み(IRQ、INTRやSMI等)を要求することが出来ない。従って、割り込み制御処理は、一連の処理を直接的に実行しなければならず、I/Oデバイスに発行した所定のコマンド処理で時間待ちが必要な場合、割り込み制御処理中の他の処理を実行できず、時間待ちを行う必要がある。【解決手段】 システムの初期化動作時、I/OトラップSMIをCPU11に発行し、CPUステートマップ情報をSM-RAM132内の所定エリアに格納する。OS起動中に割り込み制御処理が発生した時、初期化動作時作成されたCPUステートマップ情報をCPU11に設定し、CPU11の動作モードを各種I/Oデバイスからの割り込み可能な独自モードにする。CPU11の独自モードで、割り込みを用いた処理の並列化を実行する。
請求項(抜粋):
割り込み要求を受付ないシステム管理モードで所定の処理を実行するコンピュータシステムに於いて、OS動作中にシステム管理割り込み要求を発生する手段と、前記システム管理割り込み要求に応答して、CPUのモードをシステム管理モードに変更する手段と、前記CPUのモードをシステム管理モード変更後、前記CPUのモードを割り込みが使用可能なモードに設定する手段と、前記割り込み制御処理を前記割り込み要求が使用可能なモードで実行する手段とを具備することを特徴とするコンピュータシステム。
IPC (3件):
G06F 9/46 311 ,  G06F 1/32 ,  G06F 1/00 370
FI (3件):
G06F 9/46 311 Z ,  G06F 1/00 370 D ,  G06F 1/00 332 Z
引用特許:
出願人引用 (9件)
全件表示
審査官引用 (10件)
全件表示

前のページに戻る