特許
J-GLOBAL ID:200903001829697337

情報処理装置、情報処理方法および情報処理プログラム

発明者:
出願人/特許権者:
代理人 (1件): 酒井 宏明
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願2005-218693
公開番号(公開出願番号):特開2007-036802
出願日: 2005年07月28日
公開日(公表日): 2007年02月08日
要約:
【課題】携帯電話機などの情報処理装置とユーザとの間の相対位置が変化する場合でも、情報処理装置に搭載された3Dサラウンド機能の効果を適切に発揮できるようにすること。【解決手段】携帯電話機10の音信号生成部31cが、携帯電話機10とユーザとの間の位置関係が検出された場合に、当該位置関係の検出結果に基づいて、3次元空間の所定の位置に仮想的な音源があることをユーザに知覚させる音信号を生成することにより、携帯電話機10に搭載された3Dサラウンド機能の効果を適切に発揮できるようにする。【選択図】 図3
請求項(抜粋):
スピーカーにより出力される音信号を生成する情報処理装置であって、 自装置とユーザとの間の位置関係が検出された場合に、当該位置関係の検出結果に基づいて、3次元空間の所定の位置に仮想的な音源があることをユーザに知覚させる音信号を生成する生成手段、 を備えたことを特徴とする情報処理装置。
IPC (2件):
H04S 5/02 ,  H04R 1/32
FI (3件):
H04S5/02 P ,  H04S5/02 Y ,  H04R1/32 310A
Fターム (2件):
5D018AF01 ,  5D062BB03
引用特許:
出願人引用 (9件)
全件表示
審査官引用 (7件)
全件表示

前のページに戻る