特許
J-GLOBAL ID:200903001836203455

射出成形機の型閉制御方法

発明者:
出願人/特許権者:
代理人 (1件): 若林 忠
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願平9-068480
公開番号(公開出願番号):特開平10-258449
出願日: 1997年03月21日
公開日(公表日): 1998年09月29日
要約:
【要約】【課題】 射出成形機のハイサイクル化を、エジェクタ装置と型開閉装置の高応答かつ高速動作を必要とせずに達成することができる型閉制御方法を提供する。【解決手段】 射出成形機の工程において、エジェクタ装置3のエジェクタ3aの前進限をもってサイクル終了とし、初期型閉動作をエジェクタ3aの後退確認以前に開始する。すなわち、エジェクタ3aが完全に後退しないうちに型閉動作が完了すると、金型2a,2bや、機械に損傷を与えてしまう可能性があるので、エジェクタ3aの突きだし状態での型閉動作可能範囲位置の設定値まで、エジェクタ3aの突きだし状態に関係なく型閉する。
請求項(抜粋):
射出成形機の初期型閉動作を、エジェクタ装置(3)のエジェクタ(3a)の後退確認以前に開始することを特徴とする射出成形機の型閉制御方法。
IPC (3件):
B29C 45/64 ,  B29C 45/42 ,  B29C 45/80
FI (3件):
B29C 45/64 ,  B29C 45/42 ,  B29C 45/80
引用特許:
審査官引用 (2件)
  • 特開平3-118130
  • 特開平3-118130

前のページに戻る