特許
J-GLOBAL ID:200903001852949190

光ファイバシートおよび光ファイバシートの作製方法

発明者:
出願人/特許権者:
代理人 (1件): 加川 征彦
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願2001-351531
公開番号(公開出願番号):特開2003-149462
出願日: 2001年11月16日
公開日(公表日): 2003年05月21日
要約:
【要約】【課題】 シートにテープ状に配線した複数本の光ファイバを、シート内で自然な配列変化でテープ状から束状態に移行させて保護チューブに通す。【解決手段】 保護チューブ14のシート1内に挿入される部分の先端側部分を半割りにする。14aは下側の半割り片、14bは上側の半割り片である。シート1内にテープ状(整列状態)に配線された複数本の光ファイバ2に保護チューブ14を通す。次いで、下側の半割り片14aを下側のシート1に貼り付け、この半割り片14aの上で光ファイバ2の配列をテープ状の配列から束状の配列に移行させる。配列状態移行部をR2で示す。テープ状配列の複数本の光ファイバ2が、粘着剤の塗布されていない半割り片14aの上で自然な配列変化でテープ状から束状態に移行する。
請求項1:
貼り合わせた少なくとも2枚のシート内に複数本の単心の光ファイバをテープ状に並べて配線し、前記テープ状の配線をした複数本の光ファイバを、シート内から保護チューブに通してシート外に引き出した光ファイバシートであって、前記保護チューブのシート内の先端側部分を少なくとも半割りにするとともにその一方の半割り片をシートに貼り付け、この半割り片の上で光ファイバの配列をテープ状状から束状に移行させたことを特徴とする光ファイバシート。
IPC (2件):
G02B 6/00 346 ,  G02B 6/08
FI (2件):
G02B 6/00 346 ,  G02B 6/08
Fターム (8件):
2H038AA61 ,  2H038CA33 ,  2H038CA52 ,  2H046AA03 ,  2H046AA05 ,  2H046AA42 ,  2H046AA43 ,  2H046AC28

前のページに戻る