特許
J-GLOBAL ID:200903001896941617

床パネルおよび床パネル敷設装置

発明者:
出願人/特許権者:
代理人 (1件): 志賀 正武 (外3名)
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願平11-002360
公開番号(公開出願番号):特開2000-204780
出願日: 1999年01月07日
公開日(公表日): 2000年07月25日
要約:
【要約】【課題】 床敷設作業やその復旧作業を迅速かつ容易に行なう。【解決手段】 床パネル1は対象室の全幅もしくは全長にわたる長さを有し、折り込み可能な支持脚と、隣接する他の床パネルと係合してそれら床パネルどうしを連結する係合部材を有する。係合部材により隣接する他の床パネルの荷重を受けて片側の支持脚を省略する。係合部材に対のテーパ面を形成する。敷設装置2は床パネルを積層状態で格納する格納庫20と、格納庫に付設された格納装置21と、床パネルを搭載して走行するキャリア22を備える。キャリアは複数の走行台車23を連結し、床パネルを昇降可能に支持するリフト機構を備える。リフト機構は起倒自在な揺動アームからなる。リフト機構にスライド機構を備える。キャリアの走行を制御する制御手段を備える。格納装置は床パネルを把持して昇降するリフタ43と、格納庫内の上部に進退可能なスライド床44を有する。
請求項(抜粋):
任意の用途の室を一時的に他の用途の室に変更するべく該室の床面上に全面的に敷設する床パネルであって、前記室の全幅もしくは全長にわたる長さを有する長尺の下地フレームの上面に床板を取り付けるとともに、該下地フレームの内側に折り込んで収納可能な支持脚を設け、前記下地フレームには、隣接して設置される他の床パネルと係合してそれら床パネルどうしを連結する係合部材を設けてなることを特徴とする床パネル。
IPC (3件):
E04H 3/14 ,  E04F 15/00 ,  E04H 4/00
FI (3件):
E04H 3/14 B ,  E04F 15/00 C ,  E04H 3/18 Z
引用特許:
出願人引用 (4件)
全件表示
審査官引用 (4件)
全件表示

前のページに戻る