特許
J-GLOBAL ID:200903001908438690

誘導装置

発明者:
出願人/特許権者:
代理人 (1件): 宮田 金雄 (外2名)
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願平8-322792
公開番号(公開出願番号):特開平10-170200
出願日: 1996年12月03日
公開日(公表日): 1998年06月26日
要約:
【要約】【課題】 誘導装置には距離および測角誤差があるため、誘導誤差を生じる。【解決手段】 第1の飛しょう体と第2の飛しょう体に搭載され、センサ10より得られた目標の相対位置情報50を慣性装置20より得られる自機の位置情報51を用いて慣性系に変換するためのデータ変換器14と、他方の飛しょう体へ目標位置情報53および飛しょう体位置情報51を送信するための送信装置35と、他方の飛しょう体から目標位置情報52および他方の飛しょう体位置情報60を受信するための受信装置30と、それらの情報52,53を用いて双方が追尾する目標が同一であることを判定する判定装置16と、双方のセンサまたは自機のセンサのみから得られる目標の位置情報を用いて加速度指令信号57を出力する航法計算装置38を有する。
請求項(抜粋):
第1の飛しょう体と第2の飛しょう体に搭載され、自機のセンサで検出された目標の位置情報を他方の飛しょう体に伝達するための送信手段と、他方のセンサで検出された目標の位置情報を他方の飛しょう体から受信するための受信手段と、自機の位置および速度を計測するための慣性装置と、目標の位置を計測するためのセンサと、双方の飛しょう体により得られた目標の位置情報を共に用いて三角測距法を用いた信号処理方式により加速度指令信号を生成し、かつ、第1の飛しょう体と第2の飛しょう体により観測された目標が同一か否かを双方の飛しょう体が有する目標位置情報により判別する手段とを備えた誘導装置。
IPC (3件):
F42B 15/01 ,  F41G 7/22 ,  G01S 13/88
FI (3件):
F42B 15/01 ,  F41G 7/22 ,  G01S 13/88 M

前のページに戻る