特許
J-GLOBAL ID:200903001946826555

カメラ用測距装置

発明者:
出願人/特許権者:
代理人 (1件): 松田 和子
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願平7-128292
公開番号(公開出願番号):特開平8-327890
出願日: 1995年05月26日
公開日(公表日): 1996年12月13日
要約:
【要約】【目的】 カメラ用測距装置の測距精度を向上させるためのものである。【構成】 被写体へパルス光を照射する投光手段10と、前記投光手段の照射光が被写体で反射する光を受光する受光手段3と、前記受光手段の出力電流を電圧に変換する電流電圧変換回路20、30と、前記電流電圧変換回路の出力信号を増幅する増幅回路40、50と、前記増幅回路の出力信号を積分する積分回路60と、前記積分回路の出力信号のレベルを基準電圧と比較して判定するレベル判定回路70と、前記投光手段10の投光時と非投光時とで前記基準電圧を切り換え、前記レベル判定回路の出力から前記被写体までの距離を演算する演算回路80とを備えている。
請求項(抜粋):
被写体へパルス光を照射する投光手段と、前記投光手段の照射光が被写体で反射する光を受光する受光手段と、前記受光手段の出力電流を電圧に変換する電流電圧変換回路と、前記電流電圧変換回路の出力信号を増幅する増幅回路と、前記増幅回路の出力信号を積分する積分回路と、前記積分回路の出力信号のレベルを基準電圧と比較して判定するレベル判定回路と、前記投光手段の投光時と非投光時とで前記基準電圧を切り換える制御手段と、前記レベル判定回路の出力から前記被写体までの距離を演算する演算回路とを有することを特徴とするカメラ用測距装置。
IPC (3件):
G02B 7/32 ,  G01C 3/06 ,  G03B 13/36
FI (3件):
G02B 7/11 B ,  G01C 3/06 A ,  G03B 3/00 A
引用特許:
出願人引用 (2件)
  • カメラ用測距装置
    公報種別:公開公報   出願番号:特願平5-014646   出願人:株式会社精工舎
  • 特開昭60-244807

前のページに戻る