特許
J-GLOBAL ID:200903002106395363

発振回路

発明者:
出願人/特許権者:
代理人 (1件): 鈴木 喜三郎 (外1名)
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願平3-200734
公開番号(公開出願番号):特開平5-048442
出願日: 1991年08月09日
公開日(公表日): 1993年02月26日
要約:
【要約】【目的】 発振開始時における発振の出力動作を停止させることで、発振出力部において出力動作に伴い発生する各種ノイズによる影響により、発振部において本来の目的とする発振信号とは別の異常な発振が発生するのを防ぐ。【構成】 発振部と出力部より構成された発振回路において、発振開始からの所定の経過時間を検出する計時回路と、前記計時回路により発振信号の出力動作の停止開始制御を行なう出力部とを具備する。
請求項1:
所望の周波数の発振を行なう発振部と前記発振の信号を出力する出力部より構成された発振回路において、電源投入からの所定の経過時間を検出する計時回路と、前記計時回路により発振信号の出力を停止状態から動作状態にする出力部とを具備することを特徴とする発振回路。

前のページに戻る