特許
J-GLOBAL ID:200903002118759220

循環流動床中での酸化鉄の熱処理方法

発明者:
出願人/特許権者:
代理人 (1件): 小田島 平吉
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願平7-350757
公開番号(公開出願番号):特開平8-268721
出願日: 1995年12月26日
公開日(公表日): 1996年10月15日
要約:
【要約】【課題】 酸化鉄褐色、赤色および黒色顔料の製造方法を提供すること。【解決手段】 ≦10μmの平均一次粒子寸法を有しそして本質的に酸化鉄(II)、水酸化鉄(II)、オキシ水酸化鉄(II)、酸化鉄(III)、水酸化鉄(III)、オキシ水酸化鉄(III)、酸化鉄(II、III)、水酸化鉄(II、III)またはオキシ水酸化鉄(II、III)よりなる群から選択される少なくとも1種の物質を凝集させそして該凝集した物質を加熱された装置およびダウン-ストリーム装置よりなるシステム中で熱処理することを含んでなる酸化鉄顔料の製造方法であって、該加熱された装置中で物質を上向き気体混合物により気体/固体流が生成するような方法で流動化させ、生ずる気体/固体混合物を底から加熱された装置を通して上方に流しそして該ダウン-ストリーム装置中で気体および固体成分に分離し、ここで固体成分の一部を取り出しそして残りの固体成分を第一の加熱された装置に戻すことを特徴とする方法。
請求項(抜粋):
≦10μmの平均一次粒子寸法を有しそして本質的に酸化鉄(II)、水酸化鉄(II)、オキシ水酸化鉄(II)、酸化鉄(III)、水酸化鉄(III)、オキシ水酸化鉄(III)、酸化鉄(II、III)、水酸化鉄(II、III)またはオキシ水酸化鉄(II、III)よりなる群から選択される少なくとも1種の物質を凝集させそして該凝集した物質を本質的に第一の加熱された装置および第二のダウン-ストリーム装置よりなるシステム中で熱処理することを含んでなる酸化鉄顔料の製造方法であって、該第一の加熱された装置中で物質を上向き気体混合物により気体/固体流が生成するような方法で流動化させ、生ずる気体/固体混合物を底から加熱された装置を通して上方に流しそして該第二のダウン-ストリーム装置中で気体および固体成分に分離し、ここで固体成分の一部を取り出しそして残りの固体成分を第一の加熱された装置に戻すことを特徴とする方法。
IPC (3件):
C01G 49/02 ,  C09C 1/24 PAL ,  C09D 17/00 PUJ
FI (3件):
C01G 49/02 Z ,  C09C 1/24 PAL ,  C09D 17/00 PUJ
引用特許:
出願人引用 (2件)
  • 特開平3-126625
  • 特開昭63-123818

前のページに戻る