特許
J-GLOBAL ID:200903002119253010

炭素繊維前駆体繊維用シリコーン油剤、炭素繊維前駆体繊維、耐炎化繊維および炭素繊維およびそれらの製造方法

発明者:
出願人/特許権者:
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願2004-375777
公開番号(公開出願番号):特開2006-183159
出願日: 2004年12月27日
公開日(公表日): 2006年07月13日
要約:
【課題】耐炎化工程における焼成むらがなく、焼成の高張力化を達成し、低コストで高品質・均質な炭素繊維、耐炎化繊維、炭素繊維前駆体繊維、及びシリコーン油剤並びにそれらの製法を提供する。【解決手段】本発明の炭素繊維は、単繊維引張試験により求められる単繊維弾性率の変動係数が10%以下である炭素繊維である。また、本発明の耐炎化繊維は、ギ酸溶解度の変動係数が10%以下である。また、本発明の炭素繊維前駆体繊維は、炭素繊維前駆体用シリコーン油剤を用いて得られるものであり、平均面粗さが8nm以下のものである。さらに、本発明の炭素繊維前駆体繊維用シリコーン油剤は、平均シリコーン動粘度が10〜1500cStであり、かつ、剛体振り子の自由減衰振動法により測定される振り子の振動周期差が0.03〜0.4である炭素繊維前駆体繊維用シリコーン油剤である。【選択図】なし
請求項(抜粋):
単繊維引張試験により求められる単繊維弾性率の変動係数が10%以下である炭素繊維。
IPC (3件):
D01F 9/22 ,  D01F 6/18 ,  D01F 11/06
FI (3件):
D01F9/22 ,  D01F6/18 E ,  D01F11/06
Fターム (25件):
4L035BB04 ,  4L035BB60 ,  4L035FF01 ,  4L035FF07 ,  4L037AT01 ,  4L037CS02 ,  4L037CS03 ,  4L037FA01 ,  4L037FA08 ,  4L037FA09 ,  4L037PA55 ,  4L037PA65 ,  4L037PC10 ,  4L037PC11 ,  4L037PC13 ,  4L037PF45 ,  4L037PS02 ,  4L037PS12 ,  4L037PS18 ,  4L037UA12 ,  4L038AA11 ,  4L038AB08 ,  4L038BA45 ,  4L038BB10 ,  4L038DA10
引用特許:
出願人引用 (7件)
全件表示
審査官引用 (4件)
全件表示

前のページに戻る