特許
J-GLOBAL ID:200903002177189527

材料処理操作におけるレーザーの収束制御

発明者:
出願人/特許権者:
代理人 (1件): 浜本 忠 (外1名)
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願平9-146254
公開番号(公開出願番号):特開平10-052779
出願日: 1997年06月04日
公開日(公表日): 1998年02月24日
要約:
【要約】【課題】 正確なビーム収束位置決めを可能にする。【構成】 レーザービームが該ビームにより溶接されるべき被加工体と相互作用する時、光学的放射のプルームが発生される。該プルームからの放射が色収差を有する光学素子(L1、L2)から成るビーム供給経路を通して帰還受信される装置及び方法が提供される。これにより、プルーム放射の異なる分光帯域の焦点が変更される。判別開口は光学ファイバー(3)の面により形成される。ファイバーを通った後、プルーム放射は何れかのレーザー放射から分離され、上記異なる分光帯域の夫々のパワーが測定される(5)。差引により誤差信号が得られ、レーザービームの焦点を制御するのに用いられる。
請求項(抜粋):
レーザービームを被加工体に供給し、色収差を有する光学ユニットを含み且つ該上記加工体とレーザービーム間の相互作用により発生される光学的放射の少なくとも一部が上記光学ユニットを通して帰還送信されるように形成されたビーム供給経路と、強度判別開口と、受信光学放射が該開口を通った後、それを少なくとも二つの分光帯域に分離する手段と、該少なくとも二つの分光帯域の受信放射の夫々のパワーを検出し且つ該パワーを表す電気信号を発生する手段と、該電気信号から、前記被加工体からのレーザービームの収束の分離を表す誤差信号を発生する手段とを備えて成るレーザー光の収束を監視する装置。
IPC (5件):
B23K 26/04 ,  B23K 26/00 ,  B23K 26/02 ,  B23K 26/06 ,  B23K 26/08
FI (5件):
B23K 26/04 C ,  B23K 26/00 M ,  B23K 26/02 C ,  B23K 26/06 Z ,  B23K 26/08 K
引用特許:
審査官引用 (6件)
  • 特開平4-270090
  • 特開昭59-150687
  • 特開平4-350545
全件表示

前のページに戻る