特許
J-GLOBAL ID:200903002220955352

水酸化ナトリウムで陽イオン交換樹脂からアルカノールアミンを選択的に再生するためのモニターおよび制御システム

発明者:
出願人/特許権者:
代理人 (1件): 鈴江 武彦
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願平4-289047
公開番号(公開出願番号):特開平6-126196
出願日: 1992年10月27日
公開日(公表日): 1994年05月10日
要約:
【要約】【目的】アルカノールアミンからカチオンを除去するために使用するカチオン樹脂の再生をモニターおよび制御するシステムを提供すること。【構成】カチオン交換樹脂をアルカリ金属水酸化物で溶出し、次いで樹脂を鉱酸で溶出することによって、樹脂からアルカノールアミンおよびアルカリ金属カチオンを除去することで、カチオン交換樹脂を再生する。この間に、樹脂からの流出物の伝導率を測定および記録して、樹脂をモニターし、記録されたこのような伝導率を再生剤の制御に用いてより効果的な樹脂の再生を行なう。
請求項(抜粋):
樹脂上のイオン性部位に付着したアルカノールアミンおよびアルカリ金属カチオンを含有するカチオン交換樹脂を再生するための方法であって、(a)樹脂をアルカリ金属水酸化物溶液で溶出し、これによってアルカノールアミンを樹脂から選択的に置換すること、(b)樹脂からの溶出物の伝導率を測定し、記録すること、(c)記録された伝導率が、樹脂からのアルカノールアミンの置換を示したとき、アルカリ金属水酸化物溶液での溶出を停止すること、(d)この後、鉱酸で樹脂を溶出し、樹脂からアルカリ金属カチオンおよび残留アルカノールアミンを置換すること、(e)記録された伝導率が、樹脂からのアルカリ金属カチオンおよび残留アルカノールアミンの除去を示したとき、鉱酸での溶出を停止すること、とを具備した方法。
IPC (5件):
B01J 49/00 ,  B01D 53/34 121 ,  C07C213/10 ,  C07C215/08 ,  C10G 45/00
引用特許:
出願人引用 (2件)

前のページに戻る