特許
J-GLOBAL ID:200903002299396698

タップ切換装置、これを備えている変圧器

発明者:
出願人/特許権者:
代理人 (1件): 富田 和子
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願平8-196390
公開番号(公開出願番号):特開平10-041159
出願日: 1996年07月25日
公開日(公表日): 1998年02月13日
要約:
【要約】【課題】 各タップ切換台毎に、複数のタップピンと、いずれか2つのタップピン相互の接続を行なう接続片と、を有しているタップ切換装置において、複数の接続片をそれぞれ目的のタップピンに簡単な操作で正確に接続する。【解決手段】 複数のタップ切換台14a,14b,14c毎に設けられている接続片13a,13b,13cを連結する2本の連結棒15,15を有している。2本の連結棒15,15は、互いに平行に、複数の接続片13a,13b,13cにピン接合され、2本の連結棒15,15と複数の接続片13a,13b,13cとで平行リンク機構が構成されている。2本の連結棒15,15を操作して、ある接続片13aを目的のタップピン11y,12yに接続させると、他の接続片13b,13cも、ある接続片13aと同様に移動して目的のタップピン11y,12yに接続される。
請求項1:
複数のタップピンを有するタップピン群を複数有していると共に、同一タップピン群内の複数のタップピンのうち、いずれか2つのタップピンの接続を行なう接続片を各タップピン群毎に有し、該接続片の位置を変えて、該接続片で接続する2つのタップピンの接続切換を行なうタップ切換装置において、各タップピン群の複数のタップピン配列は、他のタップピン群の複数のタップピン配列と同じであり、複数の前記タップピン群毎に設けられている前記接続片を連結する2つの絶縁性連結部材を有し、2つの前記絶縁性連結部材は、互いに平行に、複数の前記接続片にピン接合されていることを特徴とするタップ切換装置。
FI (3件):
H01F 29/02 C ,  H01F 29/02 E ,  H01F 29/02 K

前のページに戻る