特許
J-GLOBAL ID:200903002325213564

静電潜像現像用トナー

発明者:
出願人/特許権者:
代理人 (2件): 江森 健二 ,  松尾 誠剛
公報種別:公開公報
出願番号(国際出願番号):特願2005-160575
公開番号(公開出願番号):特開2006-337598
出願日: 2005年05月31日
公開日(公表日): 2006年12月14日
要約:
【課題】 定着ローラ及び熱伝導フィルム表面への無機微粒子の付着を抑制して、熱伝導フィルムの摩耗を防止することができる静電潜像現像用トナー及びそのようなトナーを用いた画像形成方法を提供する。【解決手段】 定着ローラと、定着ローラを加熱するための外部加熱装置と、当該外部加熱装置から定着ローラの外周表面に熱を伝えるための熱伝導フィルムと、を含む画像形成装置に使用される静電潜像現像用トナーであって、静電潜像現像用トナーは、少なくともトナー粒子と、外添剤としての無機微粒子と、を含んでおり、以下の構成(a)〜(b)を有する静電潜像現像用トナーである。(a)トナー粒子の平均円形度が0.94以上である。(b)感光体上でのトナー粒子に対する無機微粒子の個数遊離率が20〜60%の範囲内の値である。【選択図】 図1
請求項(抜粋):
定着ローラと、定着ローラを加熱するための外部加熱装置と、当該外部加熱装置から前記定着ローラの外周表面に熱を伝えるための熱伝導フィルムと、を含む画像形成装置に使用される静電潜像現像用トナーであって、 前記静電潜像現像用トナーは、少なくともトナー粒子と、外添剤としての無機微粒子と、を含んでおり、以下の構成(a)〜(b)を有することを特徴とする静電潜像現像用トナー。 (a)トナー粒子の平均円形度が0.94以上である。 (b)感光体上でのトナー粒子に対する無機微粒子の個数遊離率が20〜60%の範囲内の値である。
IPC (1件):
G03G 9/08
FI (2件):
G03G9/08 374 ,  G03G9/08 375
Fターム (6件):
2H005AA08 ,  2H005AA15 ,  2H005CB07 ,  2H005CB13 ,  2H005EA07 ,  2H005EA10
引用特許:
出願人引用 (1件) 審査官引用 (7件)
全件表示

前のページに戻る